過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第21回(平成20年度) 障害者福祉論 問21

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
障害者自立支援法の地域生活支援事業に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。

A 地域の特性や利用者の状況に応じた柔軟な事業形態によるサービス提供を目的としている。
B 重度障害者等の日常生活上の便宜を図るため、日常生活用具の給付事業がある。
C 身近な市町村を中心にしているため、都道府県が実施する事業はない。
D 障害者に対しての住居の利用のための地域生活支援事業として、共同生活援助(グループホーム)、共同生活介護(ケアホーム)の2種類がある。
   1 .
A B
   2 .
A C
   3 .
B C
   4 .
B D
   5 .
C D
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 障害者福祉論 問21 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

43
正解は1です。
障害者自立支援法は平成17年に制定され、平成25年に障害者総合支援法に変わっています。
A~Dの各文については以下のとおりです。
A→「障害者及び障害児が、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、地域の特性や利用者の状況に応じ、柔軟な形態により事業を効果的・効率的に実施」とあるため正しいです。
B→市町村対象事業として「日常生活用具給付等事業」があります。正しいです。
C→市町村対象事業と都道府県対象事業があります。よって誤りです。
D→市町村、都道府県ともに任意事業として「福祉ホーム」があります。グループホームとケアホームは、共同生活援助・共同生活介護事業であり、地域生活支援事業ではありません。よって誤りです。

付箋メモを残すことが出来ます。
11
A ○…地域生活支援事業においては、「障害者及び障害児が、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、地域の特性や利用者の状況に応じ、柔軟な形態により事業を効果的・効率的に実施」とされています。

B ○…市町村対象事業の中に日常生活用具給付等事業があります。日常生活用具には特殊寝台や移動用リフト、点字タイプライターなどがあります。

C ×…市町村対象事業だけでなく、都道府県対象事業もあり、誤りです。

D ×…グループホームとケアホームは、共同生活援助・共同生活介護事業であり、地域生活支援事業ではないため、誤りです。(※平成26年4月より、この二つの施設はグループホームに一本化されています。)

したがって、正しい組み合わせは「1」です。

11
正解は1です。
C(×)市町村中心の一元的体制がとられるようになりましたが、都道府県が実施する事業がなくなったわけではありません。
D(×)共同生活介護(ケアホーム)と共同生活援助(グループホーム)は住居の利用のための地域生活事業としてあるものではありません。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。