過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第36397問」を出題

問題

[ 設定等 ]
給水管の配管に関する次の記述の正誤の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

ア  給水管は、露出配管する場合は管内水圧に対し、地中埋設する場合は管内水圧及び土圧、輪荷重その他の外圧に対し十分な強度を有していることが必要である。
イ  不断水による分岐工事に際しては、水道事業者が認めている配水管口径に応じた分岐口径を超える口径での分岐等、配水管の強度を上げるような分岐工法とする。
ウ  高水圧に対応するためには、分岐部や埋設深度が変化する部分及び地中埋設配管から建物内の配管との接続部にも、伸縮可とう性のある管や継手を使用することが望ましい。
エ  配水管の取付口から水道メーターまでの使用材料等については、地震対策並びに漏水時及び災害時等の緊急工事を円滑かつ効率的に行う観点から、水道事業者が指定している場合が多いので確認する。
   1 .
ア:誤  イ:誤  ウ:正  エ:正
   2 .
ア:誤  イ:正  ウ:誤  エ:正
   3 .
ア:正  イ:誤  ウ:誤  エ:正
   4 .
ア:正  イ:誤  ウ:正  エ:誤
( 給水装置工事主任技術者試験 平成28年度(2016年) 給水装置工事法 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
「ア」「エ」については、記述どおりです。

「イ」について、水道事業者が認めている配水口径に応じた分岐口径を超えてはなりません。記述に誤りがあります。

「ウ」について、伸縮可とう性のある管や継手の使用は、高水圧のためではなく、構造物等によるせん断部や耐震性能を高める外的要因に対応するものであります。記述に誤りがあります。

よって答えは「3」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。