過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第42714問」を出題

問題

[ 設定等 ]
図-1に示す直結式給水による2階建て戸建て住宅で、全所要水頭として適当なものはどれか
なお、計画使用水量は同時使用率を考慮して表-1により算出するものとし、器具の損失水頭は器具ごとの使用水量において表-2により、給水管の動水勾配は表-3によるものとする。
問題文の画像
   1 .
9.9m
   2 .
12.6m
   3 .
14.4m
   4 .
15.1m
( 給水装置工事主任技術者試験 平成30年度(2018年) 給水装置計画論 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
【解答:4】
まずは、全所要水頭の計算に必要な、動水勾配を求めます。

給水栓Aの立ち上がり管(13 - 1.0)の部分は、計画使用水量が表-1より12(L/分)、口径が13mmのため、表-3より200(‰)であることがわかります。

次に、A〜F、C〜Fの2つの所要水頭を求めます。

・A〜Fの所要水頭
①給水栓Aは表-2より、損失水頭が0.8(m)のため、所要水頭は0.8(m)です。

②給水栓Aの立ち上がり管(13 - 1.0)の部分の所要水頭
  動水勾配(‰)×管延長(m)=損失水頭(m)
    200  ×   1.0 = 0.2

  損失水頭(m)+立ち上げ(m)=所要水頭(m)
    0.2  +  1.0 = 1.2

③ 給水栓Aの立ち上がり管を省いた、給水管Fまでの所要水頭
  動水勾配(‰)×管延長(m)=損失水頭(m)
    40   × 5.0  = 0.2

  損失水頭(m)+立ち上げ(m)=所要水頭(m)
    0.2   +  2.5  =  2.7

①〜③を全て足した結果、A〜Fの所要水頭は4.7mとなります。

・C〜Fの所要水頭
①給水栓Cは表-2より、損失水頭が2.3(m)のため、所要水頭は2.3(m)です。

②給水栓Cの立ち上がり管(13 - 1.5)の部分の所要水頭
  動水勾配(‰)×管延長(m)=損失水頭(m)
    600  ×  1.5  = 0.9

  損失水頭(m)+立ち上げ(m)=所要水頭(m)
    0.9  +  1.5   = 2.4

③ 給水栓Cの立ち上がり管を省いた、給水管Eまでの所要水頭
  動水勾配(‰)×管延長(m)=損失水頭(m)
    100  ×  3.0 = 0.3

  よって、所要水頭(m)は0.3m

④給水管Eから給水管Fまでの所要水頭
  動水勾配(‰)×管延長(m)=損失水頭(m)
    200  ×  2.0  = 0.4

  よって、所要水頭(m)は0.4m

①〜④を全て足した結果、C〜Fの所要水頭は 5.4m となります。

所要水頭は大きいほうが採用されるため、C〜Fの所要水頭 5.4m となります。


続いて、F〜G間の所要水頭を求めます。

  動水勾配(‰)×管延長(m)=損失水頭(m)
    350  ×  6.0  = 2.1
  損失水頭(m) +立ち上げ管=所要水頭
    2.1   +  1.0  = 3.1m
  
  水道メーターの損失水頭:3.0m
  止水栓の損失水頭:2.7m
  分水栓の損失水頭:0.9m

よって、F〜Gの所要水頭は、3.1 + 3.0 + 2.7 + 0.9 = 9.7mになります。

これらのことから、C〜 G間の所要水頭は 5.4 + 9.7=15.1mとなります。

したがって、答えは【4】となります。
 
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。