過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第46947問」を出題

問題

[ 設定等 ]
給水管の配管工事に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
   1 .
水圧、水撃作用等により給水管が離脱するおそれがある場所にあっては、適切な離脱防止のための措置を講じる。
   2 .
給水管の配管にあたっては、事故防止のため、他の埋設物との間隔を原則として 20 cm以上確保する。
   3 .
給水装置は、ボイラー、煙道等高温となる場所、冷凍庫の冷凍配管等に近接し凍結のおそれのある場所を避けて設置する。
   4 .
宅地内の配管は、できるだけ直線配管とする。
( 給水装置工事主任技術者試験 令和元年度(2019年) 給水装置工事法 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
1.適当。記述の通りです。

2.不適当。
給水管の配管にあたっては、他の埋設物との離隔を30cm以上確保します。
他の埋設物に近接して敷設すると、接近点付近の集中荷重や給水管の漏水によるサンドブラスト現象(老朽化した水道管から穴が開き、噴出した水が周囲の砂を巻き込みながら他の埋設管に吹き付けて穴を開ける現象)が発生し、管を損傷させる恐れがあります。

3.適当。
給水装置を高温となる場所に置くと、給水装置内の圧力が上昇して破損の原因となるため、原則として避けなければなりません。

4.適当。将来の取り替えや維持管理などを考慮し、できるだけ直線配管とします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。