過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第46954問」を出題

問題

[ 設定等 ]
給水装置の構造及び材質の基準に定める耐圧に関する基準(以下、本問においては「耐圧性能基準」という。)及び厚生労働大臣が定める耐圧に関する試験(以下、本問においては「耐圧性能試験」という。)に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
   1 .
給水装置は、耐圧性能試験により 1.75 メガパスカルの静水圧を 1 分間加えたとき、水漏れ、変形、破損その他の異常を生じないこととされている。
   2 .
耐圧性能基準の適用対象は、原則としてすべての給水管及び給水用具であるが、大気圧式バキュームブレーカ、シャワーヘッド等のように最終の止水機構の流出側に設置される給水用具は、高水圧が加わらないことなどから適用対象から除外されている。
   3 .
加圧装置は、耐圧性能試験により 1.75 メガパスカルの静水圧を1分間加えたとき、水漏れ、変形、破損その他の異常を生じないこととされている。
   4 .
パッキンを水圧で圧縮することにより水密性を確保する構造の給水用具は、耐圧性能試験により 1.75 メガパスカルの静水圧を 1 分間加えたとき、水漏れ、変形、破損その他の異常を生じない性能を有するとともに、20 キロパスカルの静水圧を 1 分間加えたとき、水漏れ、変形、破損その他の異常を生じないこととされている。
( 給水装置工事主任技術者試験 令和元年度(2019年) 給水装置の構造及び性能 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
1.適当。
1.75MPaという試験水圧は、現在の日本の水道の使用圧力において加わり得る最大水圧として設定されています。

2.適当。
高水圧が加わらないことと、最終の止水機構を閉止することで漏水等を防止できるなどの理由から、最終止水機構の流出側に設置される給水用具については耐圧性能は求めないこととされています。

3.不適当。
加圧装置は、貯湯湯沸器、それと併用される逃し弁と同様の試験水圧(0.3MPa)を1分間加える耐圧試験を行います。

4.適当。
水圧によって水密性を確保する構造の場合、むしろ低圧時に密着力が低下し漏水が生じる恐れがあるため、低水圧による試験も併せて行うことが定められています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。