過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第46977問」を出題

問題

[ 設定等 ]
湯沸器に関する次の記述の正誤の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

ア  給水装置として取扱われる貯湯湯沸器は、労働安全衛生法令に規定するボイラー及び小型ボイラーに該当する。
イ  瞬間湯沸器は、給湯に連動してガス通路を開閉する機構を備え、最高 85 ℃程度まで温度を上げることができるが、通常は 40 ℃前後で使用される。
ウ  太陽熱利用貯湯湯沸器では、太陽集熱装置系内に水道水が循環する水道直結型としてはならない。
エ  貯蔵湯沸器は、ボールタップを備えた器内の容器に貯水した水を、一定温度に加熱して給湯する給水用具であり、水圧がかからないため湯沸器設置場所でしか湯を使うことができない。
   1 .
ア:誤  イ:正  ウ:誤  エ:正
   2 .
ア:誤  イ:誤  ウ:正  エ:正
   3 .
ア:正  イ:正  ウ:誤  エ:誤
   4 .
ア:正  イ:誤  ウ:誤  エ:正
( 給水装置工事主任技術者試験 令和元年度(2019年) 給水装置の概要 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
ア:誤り。
貯湯湯沸器は、貯湯部が密閉され、貯湯部にかかる圧力が100kPa 以下、かつ伝熱面積が4㎡以下の構造のものを指します。
労働安全衛生法施行令第1条第3項では、ゲージ圧力が0.1MPa(=100kPa)以下で伝熱面積が4㎡以下のボイラーは、労働安全衛生法に規定するボイラーの定義には該当しないこととなっています。

イ:正しい。
過去に「最高95℃程度まで」と記述を変えて出題されているので注意が必要です。

ウ:誤り。
太陽集熱装置系内に水道水が循環する水道直結型は、設置に費用がかかったり、ミキシング装置を経由させる必要があったりと難点もありますが、設置さえすれば使い勝手の良い方式であり、禁止されている方式ではありません。

エ:正しい。
貯蔵湯沸器は貯湯式に対して開放式となっており、給湯圧力がありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。