過去問.com
過去問.com  >   介護福祉士 過去問  >   過去問題 一覧  >   介護福祉士 過去問 第25回(平成24年度) 一覧  >   人間関係とコミュニケーション 問題10243
問題

介護福祉士 過去問
人間関係とコミュニケーション 問題10243

介護職と利用者のコミュニケーションを促す場面づくりに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
利用者との関係性をつくる座り方として、直角法より対面法の方が有効である。
 2 . 
対面法で座る場合、視線を向けることのできる花瓶などを机の上に置くとよい。
 3 . 
利用者に近づけば近づくほど、親密な雰囲気になって利用者は話しやすくなる。
 4 . 
利用者が座っているときも、介護職は立ったままで話しかけてよい。
 5 . 
介護職が腕や足を組んだ姿勢をとると、利用者はより話しやすくなる。
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
25

正解は2です。
一般的には顔と顔を突き合わせる対面法は両者に緊張を強いる事になるといわれています。
なので、ややずれて座る直角法の方が良好なコミュニケーションを取りやすいです。
対面で座る場合は、相手から視線を外せる花瓶などが机上にあると緊張を和らげられるので適切な方法と言えます。

また人にはパーソナルスペースがあるので、いきなり近くによって話されても緊張します。
各個人のちょうどよい距離で話すのがいいですよね。
そして視線も上からだと命令されているような威圧感を相手に与えるので、同じ目線がいいとされています。
同じ事が腕や足を組む事にも言えます。

2014/06/19 21:38
ID : hxoywgeqm
付箋メモを残すことが出来ます。
11

正解は2番です。
1.「直角法」は視線を交じ合わせなくてすむので、話しやすい位置関係。
2.「対面法」はきちんということを言うべきことが必要な場合に用いられる面談法。ただ、対決する形になり緊張を強いられるので斜めの対面であったり、視線を向けることのできる花瓶などを机の上に置くと緊張を緩和する効果があります。
3.利用者の近づきすぎると相手に圧迫感を与えます。
4.利用者と目線を合わせて会話することが望ましい。
5.腕や足を組む行為は利用者に威圧感を与えます。

2014/06/27 05:56
ID : pknnrpuqn
5

正解は2です。
1.× 直角法の方がお互いにリラックスできるため、一番居心地が良いといえます。
2.○
3.× 近ければ近いほど緊張感・圧迫感が増し話しにくくなります。
4.× コミュニケーションの基本は目の高さを合わすことです。
5.× 介護職員だけでなく、腕や足を組んだ格好・姿勢は相手に威圧感を与え話にくくなります。

2016/06/16 01:16
ID : jjmjtmfkja
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 介護福祉士の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。