過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10244問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Bさんの父親は認知症があり、同じ話を繰り返す。Bさんが、「同じ話を毎日聞いて疲れる。疲れるのは父親のせいだ。つらいです」と介護職に話した。 このときの介護職の、感情の反射を用いた返答として、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
「どんなふうにつらいですか」
   2 .
「つらい気持ちなのですね」
   3 .
「うまくいっていないのですね」
   4 .
「つらい気持ちは怒りみたいなものですね」
   5 .
「あなたが話していることは、お父さんに対するつらさですね」
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 人間関係とコミュニケーション )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
101
評価しない
正解は2です。
感情の反射とは、相手の感情を,評価や批判を加えることなく,そのまま相手に返す事です。
相手はありのままの自分が理解されたと実感できますし、自分自身の言葉と向き合って自己洞察を深めることができます。「つらい気持ちなのですね」という言葉は、感情の反射を用いた返答として適切ですね。

そのため、推測、質問、要約となる他の答えは感情の反復としては間違いとなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
34
評価しない
感情の反射は、話し相手は表した感情を反復することでどう感じていたかを相手に気付かせることです。感情の反射をおこなうことで話し相手は自分の持っていた感情に気づくことができ、自己探求のためのよい手がかりを得ることができます。

1.開かれたコミュニケーション技法。
2.相手の気持ちに共感し、感情の反復技法が用いられています

3.聞き手の思いが含まれているいます。
4.Bさんの会話を言い換えています。
5.Bさんの会話を要約しています。
評価後のアイコン
評価する
30
評価しない
正解は2です。

感情の反射とは相手の気持ちを受け止め、そのまま返すことです。相手の言葉を返す「繰り返し」とは違い「想い」を受け止め、言葉で返すので相手の言葉だけではなく動作や表情などからも想いをくみ取り対応してくことが大切です。

ここではBさんの「同じ話を毎日聞いて疲れる。父親のせいだ。つらい。」という言葉からBさんの「つらい」という気持ちをことばで返している2が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。