過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 社会の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護支援専門員(ケアマネジャー)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
実務研修受講試験は、市町村が実施する。
 2 . 
介護福祉士登録をすれば、実務経験3年で実務研修受講試験を受験できる。
 3 . 
資格の有効期間は5年である。
 4 . 
守秘義務は、社会福祉法に規定されている。
 5 . 
成年被後見人または被保佐人となっても、資格を失うことはない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
32

正解は3番です。

介護支援専門員とは、介護保険において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、委託サービス計画を作成し、他のサービス事業者との連絡調整を取りまとめる者。

1.実務研修受講試験は都道府県が実施する。

2.介護福祉登録をすれば、実務経験5年以上で実務研修受講試験を受験できる。

4.守秘義務は介護保険法に規定されている。

5.成年被後見人または被保佐人となった場合、資格は失効する。

2014/07/13 12:56
ID : pknnrpuqn
20

正解は3です。
介護支援専門員の資格有効期間は5年です。

1→市町村ではなく都道府県です。
介護支援専門員の登録も各都道府県にします。
2→介護福祉士登録をしている場合は、通算実務経験年数が5年以上かつ当該業務に従事した日数が900日以上で介護支援専門員の実務研修受講試験を受験できます。
4→社会福祉法ではなく介護保険法です。
5→介護支援専門員が成年被後見人又は被保佐人になった場合は、都道府県知事はその介護支援専門員の登録を消除しなければならないとされています。

他にも欠格事由として、
①禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなるまでの者に該当したとき
②介護保険法および介護保険法施行令第35条の2各号で揚げる法律
の規定により罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなるまでの者に該当したとき
が、あります。

2014/06/20 21:28
ID : hxoywgeqm
1

正解は3です。

1.× 都道府県が実地しています。
2.× 5年の実務経験が必要です。法定資格所有者以外は10年です。
3.○
4.× 守秘義務は介護福祉法に規定されています。
5.× 失格事由の一つのため資格を失います。j

2016/06/16 01:36
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。