過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 介護の基本  過去問題 | 無料の試験問題

問題

内閣府が2008年度(平成20年度)に実施した「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
趣味やスポーツ・地域行事などの自主的な活動に参加する人は、約2割である。
 2 . 
地域活動に参加しなかった理由は、「健康・体力に自信がないから」が最も多い。
 3 . 
地域活動に参加したいと考える人は、約3割である。
 4 . 
近所づきあいでは、「親しくつきあっている」が、最も多い。
 5 . 
世代間交流の機会がある人は、約2割である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

正解は2です。「健康・体力に自信がないから」は36.4%と最も多いものでした。

2008年度の「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」の結果は下記のURLから見ることが可能です。
http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h20/sougou/zentai/

以下、2以外の選択肢について解説します。
1→約2割ではなく、約6割(59.2%)
3→約3割ではなく、約5割(54.1%)
4→「挨拶をする程度」が51.2%、「親しくつきあっている」が43.0%であり、最も多いのは「挨拶をする程度」
5→約2割ではなく、約5割
「よくある」が24.6%、「たまにある」が30.3%で計54.9%

2014/10/25 20:46
ID : wpoxudbb
6

正解は2です。
2008年度の「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」において、地域活動に参加しなかった理由は、「健康・体力に自信がないから」が36.4%で最も多くなっています。

1→約2割ではなく59.2%です。約6割ですね。
3→約3割ではなく54.1%で約5割です。
4→近所づきあいでは、「挨拶をする程度」が51.2%で、「親しくつきあっている」が43.0%となっています。
5→世代間交流の機会がある人は、「よくある」が24.6%、「たまにある」が30.3%で、合計54.9%となっています。

このあたりの数値は大変ですが覚えてしまいましょう。

2014/06/23 10:26
ID : hxoywgeqm
1

正解は2です。
1. × 約6割の人が参加しており、増加の傾向があります。
2. ○
3.× 地域活動に参加したいと考える人は、54.1%とあり増加傾向にあります。
4.× 近所付き合いでは、親しくしている人は43%と減少傾向にあります。「挨拶をする程度」が最も多く51.2%となっています。
5.× 前回調査(平成15年)までは減少傾向にありましたが、平成20年の調査では5割以上の人が交流の機会を持っておられます。

2016/06/17 00:12
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。