過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10272問」を出題

問題

[ 設定等 ]
感染とその対策に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
病院や施設に入所したことで新たに発症するのは、日和見感染である。
   2 .
手洗いは、消毒液に手を浸して行う。
   3 .
肺結核は、主に経皮感染する。
   4 .
雑巾やモップは、使わないときも湿らせておく。
   5 .
ノロウイルスは、感染性胃腸炎を起こす。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
55
評価しない
正解は5です。
各選択肢については、以下のとおりです。

1→1の文は日和見感染ではなく院内感染。日和見感染とは、健康な人であれば害を及ぼさない微生物や平素無害菌が免疫が低下しているときに感染症を引き起こすことです。
2→手洗いは、流水と石鹸を使い、親指、指の間、手首、爪など洗い残しの多い部分も忘れず、しっかりと時間をかけて行います。状況に応じて、手洗い後に速乾性のアルコール消毒を行います。
3→結核は主に、空気感染(飛沫核感染)です。
4→雑巾やモップは使わないときはしっかりと乾燥させておくことが必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
31
評価しない
正解は5です。
ノロウイルスは感染性胃腸炎をおこします。経口感染するので患者が使用したもの・嘔吐物には消毒が必要ですが、消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効で、エタノールではききません。

1→日和見感染ではなく、院内感染です。
日和見感染は健常人では保菌・定着しか起こさない非病原性あるいは弱毒性の病原体が、宿主の免疫低下に応じて感染を生じるものです。
2→手洗いは、流水と石鹸を使い、適宜アルコールなどを利用する。
3→経皮感染ではなく、空気感染・飛沫核感染です。
4→雑巾やモップは、使わないときは十分に乾燥させておく必要があります。濡れている状態だとカビや菌が繁殖しやすくなります。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
正解は5です。
1.× 日和見感染とは健康な動物では感染症を起こさないような病原体が原因で発症する感染症のことです。
2.× 手洗いは流水と石けんを使用し、指先・手の甲・親指・指の間・洗い残しやすい部分も忘れずにしっかりと時間をかけて洗います。洗い終わったら流水でしっかりとすすぎ清潔なタオルで拭きます。
3.× 肺結核は主に患者の咳などによる空気感染です。
4.× 使用後はしっかりと乾燥させます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。