過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10277問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Hさん(70歳、女性)は、最近、抑うつ状態にある。
Hさんに、介護職が初めてかかわろうとするときの、きっかけづくりの言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
「おちこんだらだめですよ」
   2 .
「どうしてそんなに黙っているのですか」
   3 .
「皆さんの所へおしゃべりに行きましょう」
   4 .
「元気を出して。頑張ってください」
   5 .
「今日は少し暖かくなりましたね」
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
27
評価しない
正解は5です。
ポイントは、Hさんが抑うつ状態であること、初めてかかわることの2点です。初めてかかわる人に対しては、当たり障りのない話題から入るのが賢明です。

1や4のような、励ましは、抑うつ状態の人にとっては、プレッシャーになってしまう言葉です。そのため、禁句です。

2も、自分が責められているような印象をもつ表現です。これも適しません。

3は、苦痛を与える可能性があります。抑うつ状態の人は人に会いたくないという状況があります。嫌なことを無理に誘われている感じを与えてしまうかもしれません。そのため不適切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は5です。
抑うつ状態の方に初めてかかわるとき、
いきなり状態の話やどこかへ連れていくような
話題は適しません。
初めてかかわる人に対し、相手は緊張・警戒するので、関係ない、あたりさわりのない話題が最初の声掛けに適しています。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は5です。
抑うつの方へは励ましの言葉や叱咤激励や感情的な言葉は避けるべきです。こちらから何かをしよう、させようとしてはいけません。逆に負担になってしまいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。