過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10295問」を出題

問題

[ 設定等 ]
便秘を訴える高齢者の排泄の介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  腹圧をかけやすい姿勢で便座に座るように促す。
2 .  食物繊維の少ない食品を勧める。
3 .  腹部全体を冷たいタオルで冷やす。
4 .  1日の食事の量を減らすように促す。
5 .  下行結腸、横行結腸、上行結腸の順にマッサージする。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
54
評価しない
正解は1です。腹圧をかけやすい姿勢で便座に座ると排便がしやすいです。また、高齢になると自分では腹圧がかけにくいので介助者がマッサージすることも有効です。

各選択肢については以下のとおりです。
2→食物繊維の多い食事をとることが大切です。
3→腹部を温めます。そのほうが腸の蠕動運動を促すことになるからです。
4→食事の量を減らすことは、体調に悪影響を及ぼします。
5→腸の蠕動運動と同じ方向で行います。上行結腸、横行結腸、下行結腸の順です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は1です。
高齢になると腹筋も弱わまり、腹圧がかけづらいので、腹圧のかけやすい姿勢にする事が大切です。

2、3、4はどれも一般常識とは逆の不適切な行為です。
5は、大腸での便の動きは上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸となっていますので、その動きと同じようにマッサージします。上から丸く下へマッサージするイメージですね。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は1です。

やや前かがみの腹圧をかけやすい姿勢にすることで、いきみやすくなり排便がしやすくなります。

2.食物線維が多い食品を勧めます。

3.冷やすと腸の働きが悪くなり、症状を悪化させる可能性があります。温めるようにするのが正しい方法です。

4.食事は栄養摂取のために必要です。食事を減らしたからと言って便秘は改善しません。

5.腹部マッサージは、便の進行方向に向かって行なうのが正しい方法です。よって上行結腸、横行結腸、下行結腸の順にマッサージします。



評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。