過去問.com
過去問.com  >   介護福祉士 過去問  >   過去問題 一覧  >   介護福祉士 過去問 第25回(平成24年度) 一覧  >   発達と老化の理解 問題10310
問題

介護福祉士 過去問
発達と老化の理解 問題10310

Aさん(81歳、女性)は、3か月前に夫を亡くした。「最近、夜眠れない」と訴えるようになった。意識はしっかりしているが、ベッドで横になっていることが多くなっている。
 Aさんが現在の状況になったきっかけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
せん妄
 2 . 
妄想
 3 . 
感情失禁
 4 . 
喪失体験
 5 . 
老性自覚
この介護福祉士 過去問の解説(2件)
17

正解は4です。設問に「3か月前に夫を亡くした」「最近、夜眠れない」とあることからわかります。家族や友人などの死や大切なものを失ったことがきかっけとなり、その喪失感で今までの生活に大きな変化をもたらすのが喪失体験です。

各選択肢については、以下のとおりです。
1→せん妄とは、急性の脳機能障害のことで、器質性脳疾患、身体疾患、薬物などが原因で幻覚や錯覚がみられるような状態です。
2→妄想とは、非合理かつ訂正不能な思い込みがあるにもかかわらず、本人にはその自覚のない状態のことです。
3→感情失禁とは、感情のコントロールができず、突然泣いたり、怒ったりする状態のことです。
5→老性自覚とは、自分が年をとり、老人になったことを自覚することをいいます。

2014/11/22 00:36
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
10

正解は4です。
設問からは夫を亡くした後から、とあるので現在の状況はそのショックから、とわかります。

1→せん妄は、夜間などの短時間に意識が混濁し、幻覚や錯覚が見られるような状態をいいます。原因は身体疾患や薬などがあげられます。
2→妄想は、非合理的かつ訂正不能な思いこみのことで、本人にその考えが妄想であるとの認識はない状態の事をいいます。精神疾患が原因の事が多いです。
3→感情失禁は脳血管性認知症の方に見られる症状で、些細なことで大喜びしたり激怒するなど、感情のコントロールができない状態の事をいいます。
5→老性自覚とは、自分が年寄りであることを自覚することをいいます。

2014/07/06 22:01
ID : hxoywgeqm
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 介護福祉士の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。