過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 発達と老化の理解    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

老化に伴う循環器系の変化として、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
脈拍数が増加する。
 2 . 
動脈が軟化する。
 3 . 
心臓が縮小する。
 4 . 
不整脈が増加する。
 5 . 
収縮期血圧が低下する。
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
17

正解は4です。
老化に伴い心機能が低下し不整脈が増えます。

1→脈拍数は増加ではなく減少します。
2→動脈は軟化では柔らかくなってしまいますね。老化とともに固く、動脈硬化気味になっていきます。
動脈硬化とともに高血圧になりやすくなります。
3→老化とともに、心臓は肥大します。
動脈硬化になり、全身に血液を送りにくくなると、より心臓は筋肉をつけて全身に血液を送ろうとします。
4→老化とともに高血圧気味になり、収縮期血圧も上がります。

2014/07/08 13:07
ID : hxoywgeqm
付箋メモを残すことが出来ます。
13

正解は4です。

高齢者は、老化に伴い、全身の動脈硬化が進みます。動脈硬化とは、動脈の血管が硬くなることです。(イメージとしては、ホースが劣化すると硬くなるのと同じです。)

この動脈硬化によって、血液は全身に送られにくくなり、血圧が上昇します。(高血圧症)

また、老化により心臓の洞結節部にあるペースメーカー細胞の数が減ると、規則正しいリズムで心臓を
収縮させることができなくなります。その結果、不整脈になります。

各選択肢については以下のとおりです。
1→脈拍数は減少します。
2→動脈硬化が起こる。
3→心臓は肥大する。
5→収縮期血圧が低下する。





2014/11/29 00:38
ID : wpoxudbb
7

正解は4です。
加齢に伴い、不整脈の中でも心房細動の発症率有病率が増加します。

老化に伴う循環器系の変化の根本は、血管が硬くなること(動脈硬化)です。
動脈硬化により血圧が上昇します。
また、血管が硬くなることにより、血液を送り出す際の抵抗が増えることから心臓にも負担がかかり、心臓の筋肉が厚くなります。

以上より、2,3,5が誤りであることは明らかです。

1⇒加齢とともに脈を作り出す洞結節(右心房にあります)の機能も少しずつ低下します。それに伴い脈が遅くなります。

2014/07/13 16:04
ID : bqzuosqqxo
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。