過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第25回(平成24年度) 発達と老化の理解 問76

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
日本高血圧学会のガイドラインで、それ以上が高血圧(Ⅰ度)とされる収縮期血圧値 / 拡張期血圧値として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
120 / 70
   2 .
130 / 80
   3 .
140 / 90
   4 .
150 / 100
   5 .
160 / 110
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 発達と老化の理解 問76 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

100
正解は3です。
上が140、下は90以上がⅠ度高血圧といいます。これは目安として介護士の仕事上でも多用されますので覚えてしまいましょう。
付箋メモを残すことが出来ます。
31
正解は3です。

日本高血圧学会による高血圧治療ガイドラインは今年改訂されたばかりです。(JSH2014)
それによると、高血圧管理の対象は140/90mmHg以上の高血圧患者です。
あとは持病などにより、より厳重な降圧を行うかどうかなどが決められています。
27
正解は3です。
日本高血圧学会のガイドラインでは、収縮期血圧が140~159、または拡張期血圧が90~99の場合にⅠ度高血圧とされています。

日本高血圧学会のガイドラインの該当ページは下記URLです。

http://www.jpnsh.jp/data/jsh2014/jsh2014v1_1.pdf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。