過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 認知症の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

認知症の中核症状として、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
判断力が低下する。
 2 . 
不安な状態が続く。
 3 . 
抑うつ状態が続く。
 4 . 
介護者に暴力をふるう。
 5 . 
忘れたことを自覚している。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
17

正解は1です。
中核症状とは脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状を指します。具体的には、記憶障害、見当識(現在の年月日や時刻、自分がどこにいるかなどの基本的な状況を把握する力)障害、理解・判断力の低下、実行機能の低下などがあります。
認知症の症状は、この中核症状のほかに、ご本人の性格や置かれている環境などが複雑に絡み合い、うつ状態や妄想といった精神症状が現れたり、徘徊や不潔行為のように日常生活への適応を困難にする行動上の問題が現れたりします。中核症状に対してこれらを行動・心理症状と呼びます。

各選択肢は以下のとおりです。
2,3,4→認知症の行動・心理症状
5→認知症の記憶障害は忘れたことを自覚できません。

2014/12/04 23:40
ID : wpoxudbb
5

正解は1です。

認知症とは「いったん正常に発達した知能が、後天的な脳の器質的障害により不可逆的に低下した状態」をいいます。
単に老化に伴って物覚えが悪くなるというような、誰にでも起きる現象は認知症とは呼びません。

「中核症状と」は、脳が壊れることによって直接起こる症状のことで、認知症の患者さんには必ず見られるものです。
具体的には記憶障害・見当識障害・失認・失語・失行・理解や判断力の低下・実行機能障害を指します。

それとは違い、患者さんによって出たり出なかったり、発現する種類に差が生じる症状を「周辺症状」といいます。

2014/07/17 14:29
ID : bqzuosqqxo
5

正解は1です。
中核症状とは、脳の細胞が壊れることによって直接起きてくる症状で、記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下があります。

2~4は、認知症の周辺症状(最近では行動・心理症状とも呼びます)です。認知症になった事と本人の持っていた性格や環境などが重なり、行動上の問題が起こるものです。
5→認知症では、本人に忘れた事の自覚をすることができなくなります。

2014/07/08 13:56
ID : hxoywgeqm
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。