介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10321問 出題

問題

レビー小体型認知症の症状として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
具体的な幻視が現れる。
 2 . 
もの盗られ妄想が現れる。
 3 . 
常同行動が現れる。
 4 . 
万引きなど反社会的な行動が現れる。
 5 . 
シャント手術によって改善が期待できる。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
22
評価しない
正解は1です。
レビー小体型認知症では具体的な幻視が現れます。
例えば「火事!火事!水を持ってきて」「そこに赤くて大きな魚がいる!」等と、介護者が横にいてもリアルで具体的に説明される幻視が起きたりするのが特徴です。

2→もの盗られ妄想はアルツハイマー型に多いです。
3・4→これらの症状は前頭側頭型認知症(ピック病)によく見られる症状です。
5→これは正常圧水頭症に当てはまる説明です。

このそれぞれの病気の特徴は基本なので覚えておきましょう。
評価後のアイコン
2014/07/09 22:50
ID : hxoywgeqm
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は1です。
レビー小体型認知症とは、レビー小体とよばれる異常なたんぱく質が脳の神経細胞内にたまったもので、大脳皮質に多くたまるとアルツハイマー様症状が、脳幹に多くたまるとパーキンソン様症状がみられるという病気です。
初期症状は、幻視、妄想、うつです。
認知に関しては、日や時間帯によって状況が異なります。また、筋肉の収縮、歩行障害、転倒しやすいなどのいわゆるパーキンソン症状が特徴です。

各選択肢は以下のとおりです。
2→アルツハイマー型認知症でみられる症状です。
3・4→前頭側頭型認知症でみられる症状です。
5→正常圧水頭症であれば、シャント手術による改善が期待できます。シャント手術とは、脳室にたまってしまった髄液を脳室外に出す手術のことです。
評価後のアイコン
2014/12/05 23:16
ID : wpoxudbb
評価する
3
評価しない
正解は1です。

レビー小体型認知症はパーキンソン病の類縁疾患として知られています。

特徴として、非常に具体的で細かい内容の幻視が現れます。幻視は現実感を伴うのが特徴です。

そのほかの特徴としては、注意・覚醒レベルの顕著な変動、パーキンソン病のような運動機能の障害が現れることがあります。

妄想、暴言、介護拒否、徘徊などの認知症に伴う周辺症状が出現しやすい疾患です。
評価後のアイコン
2014/07/30 19:58
ID : bqzuosqqxo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。