過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 認知症の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

血管性認知症と比べたとき、アルツハイマー型認知症により多くみられる特徴として、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
発症は女性に多い。
 2 . 
上肢や下肢に麻痺がある。
 3 . 
症状は階段上に悪化する。
 4 . 
感情失禁がある。
 5 . 
多発性脳梗塞がある。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

正解は1です。
男女比は2:3といわれています。初期ではもの盗られ妄想、末期ではけいれん発作を特徴とし、気づかれないような形で徐々に進行していきます。
これに対し、血管性認知症は脳の血管障害、脳梗塞や脳出血などが原因で起こるものです。突然の脳梗塞や脳出血で急に認知症になる場合と、小さな脳血管障害を頻繁に起こしているうちに徐々に悪くなってくる認知症の場合があります。また、脳血管のどの部分がダメージを受けているかによって、麻痺や言語障害も伴います。

各選択肢は以下のとおりです。
2・3→血管性認知症の特徴です。
4→血管性認知症の特徴です。感情失禁とは、感情のコントロールがきかない状態で、突然泣いたり怒ったりします。
5→血管性認知症の特徴です。

2014/12/05 23:34
ID : wpoxudbb
8

正解は1です。

アルツハイマー型認知症は男女比がほぼ2:3とやや女性に多いといわれています。

認知症の症状が出現するのは70歳以降であることが多いです。発症と進行は緩やかですが、確実に悪化する病気です。認知症状出現から死亡までの期間は平均5年程度です。

遺伝性のアルツハイマー病の場合は40歳台から発症することも珍しくなく、最後には家族の顔もわからなくなることが多いです。


2014/07/30 20:48
ID : bqzuosqqxo
6

正解は1です。
アルツハイマー型の発症は女性に多いです。
(原因はまだはっきりわかっていません)
血管性認知症とアルツハイマー型認知症の特徴の違いは基本ですので覚えておけば簡単です。

2~5までの解答は血管性認知症の症状です。
血管性認知症は脳血管のつまりなど脳の血管に異常が起きて発症します。血管の異常で脳の損傷を受けた部分により麻痺の場所や症状が異なります。

2014/07/09 23:12
ID : hxoywgeqm
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。