過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第25回(平成24年度) 認知症の理解 問83

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
適切な治療をすれば認知症の症状が大きく改善する可能性がある疾患として、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
アルツハイマー型認知症
   2 .
前頭側頭型認知症
   3 .
血管性認知症
   4 .
クロイツフェルト・ヤコブ病
   5 .
慢性硬膜下血腫
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 認知症の理解 問83 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

112
正解は5です。
慢性硬膜下血腫は、頭蓋骨の内側にある硬膜と脳を包むくも膜の間の硬膜下腔に血液が溜まってしまう疾患です。この血腫が大きくなると脳を圧迫し認知症の症状がでますが、血腫を手術で取り除けば症状は改善します。

1~4の疾患に関しては根本的に改善する治療法はまだ見つかっていません。
付箋メモを残すことが出来ます。
41
正解は5です。
慢性硬膜下血腫とは、頭蓋骨のすぐ内側の硬膜と脳の間に血液がたまり、塊になってしまうというものです。そして、それが脳を圧迫し、認知症症状が出るわけです。
転んで頭を強く打ったり、頭上に物が落ちて、頭に強い衝撃をうけたりということが原因です。けがをしたときは、こぶができただけだと思っていても、頭の中ではじわじわと出血していたということです。手術により、血腫を取り除けば、予後は良好な疾患であり、認知症症状も改善します。

選択肢2~4の病名については、現在のところ根本的治療方法がみつかっていません。
39
正解は5です。

慢性硬膜下血腫は、例えば転んで頭をぶつけたなどの頭部外傷ののち、1~3か月ほどで硬膜と脳の間に血腫が溜まる病気です。

50歳以上の高齢男性に多いといわれています。
若年者では頭痛、吐き気などの頭蓋内圧亢進症状が主体ですが、高齢者の場合にはもともと脳萎縮がある場合が多く、どちらかといえば認知症状(精神症状)や歩行障害、失禁などで発症することがほとんどです。

比較的急に認知症の症状が出現・進行した場合には硬膜下血腫の存在を疑います。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。