過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 総合問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Jさん(84歳、男性)は、20年前に脳梗塞を発症し、後遺症で軽度の左片麻痺となった。屋内では、T字杖を使用すれば歩行できるが、転倒するのが心配で、ほとんど外出しなかった。
1年ほど前から、夜よく眠れない、通院する曜日を間違える、薬を飲み忘れるなどの状態になり、血管性認知症と診断された。半年前から夜間の不穏状態や妻への暴力行為がたびたび出現するようになり、妻が介護しきれなくなって、Jさんは介護老人福祉施設に入所することになった。入所後も施設内はT字杖を使用して、歩行は可能であった。しかし、慣れない場所で、より不安が強くなっているようすであった。

【問題】
Jさんは入所後2か月を過ぎても周囲とのかかわりはほとんどないが、「若いころは空手の指導者もしていた」と明るい表情で介護職に自慢することがある。現在の生活を改善するための介護職の対応として最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
ポータブルトイレの利用を勧める。
 2 . 
部屋替えを行う。
 3 . 
ベッドの配置を変える。
 4 . 
施設での集団プログラムへの参加を促す。
 5 . 
特技を活かしたレクリエーションを企画する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
5

正解は5です。この問題は簡単ですね。
設問で高齢者の趣味に関して出てきたら、それを生かす為に~の解答が適切です。

介護職としては徐々に日々での楽しみをひきだし、QOLを高めていく目的があるので、趣味等でいきがいを高め、その過程で他入居者とのふれあいや施設の環境へ慣れていける事が好ましいです。

2014/12/03 12:21
ID : hxoywgeqm
5

正解は5です。

入所したての頃は、環境に慣れるだけで精一杯だったJさんが、2か月経って少しずつ今の生活や介護士さんにも慣れて、自分を表出し始めたという局面です。

自分が自信を持っていること(この場合は空手)をきっかけとして、周囲と少しずつ触れ合う機会を設け、徐々に馴染んでいけるように支援するのが介護職として必要なことです。

2014/08/01 00:05
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。