過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 総合問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Kさん(43歳、女性)は、8年前に関節リウマチを発症した。現在は、治療の効果で症状の進行がおさえられている。公的な制度を使うことができるように、必要な認定を受けている。Kさんは夫と2人で暮らしており、夫は朝早くKさんの朝食を作り、仕事に出かける。Kさんは肩関節や肘関節、股関節の可動域が狭く、左手指の巧緻性も低下している。お昼ごろからは、室内を自分の力で歩き、リーチャーや道 具を工夫して家事を行うこともできる。しかし、からだの動きにくい午前中は、公的な制度を利用し、介護職に自室の掃除を依頼している。

【問題】
Kさんは右利きであり、食べ物を口まで運ぶことが難しくなってきている。
Kさんが自立した食事を継続するために必要なスプーンの工夫として、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
重量を軽くする。
 2 . 
柄を短くする。
 3 . 
握りを太くする。
 4 . 
スプーンを大きくする。
 5 . 
すくう部分を左に曲げる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
17

答えは5です。

肩関節や肘関節の可動域が狭まっている為に食べ物を口まで運びにくくなっているので、スプーンの重さや太さ・長さを変えても意味がないことがわかります。
右手でスプーンを口元まで持っていくときには、スプーンが左に曲がっているとお皿から口までスプーンを運ぶ距離が短くてよくなります。

2014/12/04 13:06
ID : hxoywgeqm
15

正解は5です。

肩関節・肘関節の可動域が狭いために口元までスプーンを運ぶことができません。
スプーンを口まで運ぶには、最初は肘関節の屈曲が、次に腕の外旋動作が必要となります。これらに支障があるときには、右利きの場合はできるだけスプーンを左に曲げるとうまく口に入ります。

具体的な動作は、ご自分で実際に試してみるとよくわかると思います。

2014/08/01 00:18
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。