過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 人間の尊厳と自立  過去問題 | 無料の試験問題

問題

利用者の尊厳を保持し、自立支援を行うために介護福祉士に求められるものとして、適切でないものを一つ選びなさい。

 1 . 
知り得た情報の保持
 2 . 
信用失墜行為の禁止
 3 . 
介護に関する知識の向上
 4 . 
福祉サービス関係者等との連携
 5 . 
介護福祉士の主導による方針決定
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
19

正解は 5 です。

利用者の支援方針を決める際には、担当者会議というものを開きます。
介護福祉専門員(ケアマネージャー)が中心となり、本人や家族、実際に支援をしている介護福祉士や社会福祉士などがそれぞれ要望や意見を出し合いながら決定されます。
介護福祉士には方針の決定権はありません。

2014/08/03 13:13
ID : qxeqvpry
14

正解は5です。
自立支援を行うために、利用者の意志決定を尊重せずに、介護福祉士が決定するのは誤りです。
介護福祉士法には「利用者本位の立場から自己決定を最大限尊重し、自立に向けた介護福祉サービスを提供しなければならない。」とあります。

その他の選択肢は介護福祉法についてよく覚えていなくても、常識的に考えるとわかると思いますので消去法で解答できる問題といえますね。

2014/12/11 22:42
ID : hxoywgeqm
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。