過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 社会の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険制度において、主任介護支援専門員の配置が義務づけられているものとして、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
福祉事務所
 2 . 
地域包括支援センター
 3 . 
介護老人福祉施設
 4 . 
介護老人保健施設
 5 . 
訪問看護ステーション
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
24

正解は2です。
地域包括支援センターでは主任介護支援専門員、保健師、社会福祉士を配置する事になっています。
設置主体は市区町村です。
ここは頻出なので覚えてしまいましょう。

2014/12/19 00:12
ID : hxoywgeqm
18

正解は 2 です。

主任介護支援専門員は、平成18年に行われた介護保険法の改正により新たに出来た職種です。
地域包括支援センターでは、必ず主任介護支援専門員を置き、介護支援専門員への助言や指導などを行っています。

2014/08/05 13:21
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。