過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 社会の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

Cさん(35歳、女性)は、病気により身体障害者となった。日常生活に介護が必要になったので、相談支援事業所に相談した ところ障害者自立支援法によるサービスの利用を勧められた。
Cさんのサービス利用に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
自立支援プログラムを利用するため、要介護認定を受けた
 2 . 
生活介護を利用するため、障害程度区分認定を受けた
 3 . 
自立支援プログラムを利用するため、保護の要否の判定を受けた
 4 . 
自立支援プログラムを利用するため、障害程度区分認定を受けた
 5 . 
生活介護を利用するため、要介護認定を受けた
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
30

正解は2です。
障害者自立支援法によるサービスの利用では
日常生活に介護が必要なので生活介護の利用の為の
障害程度区分認定が正しいですね。

1、3、4にある自立支援プログラムは生活保護世帯の自立を支援するためのです。
5では障害者自立支援法によるサービスの利用なのに介護度を受けるのは間違いですね。

2014/12/19 12:43
ID : hxoywgeqm
22

【13】

正解は 2 です。

要介護認定は特定疾病であっても40歳からしか受ける事が出来ません。
自立支援プログラムとは、端的に言ってしまうと生活保護者が自立していく為のプログラムになりますので、こちらを利用しても日常生活に必要な介護を受ける事は出来ません。

2014/08/05 15:48
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。