過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 介護の基本    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

「国民生活基礎調査(平成19年)」、「介護サービス施設・事業調査(平成21年)」に基づく日本の介護の現状として、 正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
要介護者等の性別では男性が多い
 2 . 
同居している主な介護者としては「子の配偶者」の構成割合が最も高い
 3 . 
介護保険施設の所在者数は介護療養型医療施設が最も多い
 4 . 
要介護1から5まで要介護度が高まるほど同居している主な介護者の介護時間は増大する
 5 . 
居宅サービスでは訪問入浴介護の利用者数が最も多い
この介護福祉士 過去問の解説(2件)
16

正解は4です。
要介護度が高くなるほど、同居している主な介護者の介護時間は増大する、というのは常識的に考えればわかりますね。

1→要介護者の性別は女性の方が多いです。平均寿命も女性の方が長いので要介護者も女性の方が多いと考察できますね。
2→同居している主な介護者としては要介護者の「配偶者」が最も多くなっています。次いで「子」、「子の配偶者」となっています。
3→介護保険施設での在所者数は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)が最も多くなっています。
国の方針としても、介護療養型医療施は縮減・削減の方伸である事を頭に入れておきましょう。
5→介護サービスの居宅サービスで利用が多いのは、居宅介護支援事業所となっています。

2014/12/21 22:54
ID : hxoywgeqm
付箋メモを残すことが出来ます。
6

正解は 4 です。

要介護度とは、どれだけの支援が必要かの指標でもあります。
介護度が上がれば、それだけ介護給付金額が増えるので、サービスを利用する事で同居している主な介護者の負担が軽減されると考える人もいるかもしれませんが、通所介護などでは介護度が高まれば一回の利用で支払う料金も上がる為、結果的には同居している主な介護者の介護時間は増大されると考えられます。

2014/08/05 23:29
ID : qxeqvpry
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。