介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10382問 出題

問題

ICF(International Classification of functioning,Disability and Health:国際生活機能分類)に関する 次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
障害というマイナス部分へのアプローチである
 2 . 
生活機能は、健康状態と背景因子との間の相互作用とみなされる
 3 . 
活動とは、生活・人間場面へのかかわりのことである
 4 . 
背景因子に環境因子は含まれない
 5 . 
心身機能とは、能力低下と社会的不利のことである

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
20
評価しない
正解は2です。
ICFでは生活機能は、健康状態と背景因子との間の相互作用とみなされます。

ICFは頻出ですが覚えにくいので図表などで視覚的に覚えてしまうのがおすすめです。

1→問題でマイナス・ネガティブな解答が正解な事は少ないです。
1980年に制定されたICIDHはマイナス面の評価でしたが、2001年に採択されたICFはプラス面の評価を重視している事に特徴があります。
3→活動とは課題や行為の個人による遂行の事です。
「Aさんは話す事ができない」「Aさんは話すかわりに手話をする」などです。
生活・人間場面へのかかわりのことであるのは活動ではなく「参加」です。
4→背景因子には個人因子と環境因子があります。
5→心身機能とは身体系の生理的機能・心理的機能をさします。
評価後のアイコン
2014/12/24 13:37
ID : hxoywgeqm
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は 2 です。

1はICIDHの説明です。
3の活動とは歩行などの行動を指します。
4の背景因子とは、環境因子と個人因子を指します。
5の心身機能とは感覚の特徴などを指します。

ICFとは1980年にWHOで制定された「ICIDH(International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps)国際障害分類」を2001年に改訂したものです。
ICIDHは障害をマイナス要因と表現しているのに対し、ICFは障害を心身機能や身体構造と表現し、環境因子や個人因子といった障害とは無関係の外的要因も視野に入れて考えられています。

これからも出題が予想される内容ですので、表などを使いながら、ICFとICIDHの違いをきっちり押さえておきましょう。
評価後のアイコン
2014/08/06 23:47
ID : qxeqvpry
評価する
5
評価しない
正解は2です。

ICFは、6個の要素から障害を多面的に理解するために構成されています。ICFの特徴には、「環境因子と個人因子という要素があること」、「矢印の方向が一方的でなく双方向に向いている」などがあります。
また、生活機能とは「人が生きていくための機能全体(生命の維持・知覚や動作・社会的役割など)」を指し、健康状態と影響する背景因子との間の相互関係とみなされます。
評価後のアイコン
2016/10/30 15:04
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。