過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 生活支援技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

身寄りのないLさん(85歳、女性、要介護1)は、公営住宅の1階に一人で暮らしている。 最近は、ごみ出しや食事の準備を自分ですることが困難になり、安心できる住居を求めて、早めの住み替えを検討し始めている。
Lさんの住み替え先として、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
ケアハウス
 2 . 
介護老人福祉施設
 3 . 
有料老人ホーム(特定施設)
 4 . 
介護老人保健施設
 5 . 
認知症対応型共同生活介護
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
34

正解は 1 です。

介護老人福祉施設とは、特別養護老人ホームとほぼ同義です。
介護老人福祉施設は、常時介護が必要で、在宅での介護が困難と判断された人が入所の対象となります。
文面からLさんはそこまでの介護を必要としていないと推測されます。

介護老人保健施設とは、病院と介護施設の中間のような存在で、長期的な入所ではなく、あくまで在宅復帰を目指すための施設なので、住み替えと言う意味では不適当です。
またLさんの状況は、介護老人保健施設に入所する事で改善するとは考えにくい為、Lさんに向いているとは言えません。

認知症対応型共同生活介護とは、いわゆるグループホームです。
問題文には認知症を疑わせるような部分はない為、適しているとは言えません。

残るはケアハウスと有料老人ホームなのですが、現状公営住宅に住んでいるLさんにとって有料老人ホームの費用負担はかなり大きいものと推測される為、軽費老人ホームの一つであるケアハウスが最も適切だと言えます。

2014/08/08 16:05
ID : qxeqvpry
2

正解は 1 です。

ケアハウス:経費老人ホームの1つです。自立した生活ができるよう構造や設備が整えられていて、入所してからも居宅サービスも受けられます。

介護老人福祉施設:自宅での介護が困難な人が入所し、介護や日常生活の支援を受けることができます。

有料老人ホーム:民間事業者によって設置、運営がされている老人ホームです。健康な方から要介護者の方まで利用ができます。

介護老人保健施設:病状の安定した要介護者が自立した生活と自宅への復帰を目指し、医療的な管理の下で介護や機能訓練を受けることができます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム):認知症の高齢者が5~10人程度で居住する住宅のことです。

上記のことをふまえ、Lさんはケアハウスと有料老人ホームのどちらかに入所することができますが、公営住宅に住まわれていることから、経済面を考慮しケアハウスがもっとも適切だといえます。

2016/03/25 08:57
ID : jjmjtmfkja
1

正解は1です。
ケアハウス(軽費老人ホームC型)は、食事の提供を主なサービスとしています。また、入居一時金や家賃が必要となりますが、所得による入居制限はありません。低料金で利用できることからも、公営住宅で暮らし、食事の準備が困難になったLさんには適した住居とも言えます。

2016/10/31 19:05
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。