過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 生活支援技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

自宅で暮らす高齢者の室内環境として、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
皮膚感覚の鈍化に配慮して、床暖房を設ける
 2 . 
嗅覚の低下に配慮して、電磁調理器を用いる
 3 . 
聴覚の低下に配慮して、防犯ベルの音量を下げる
 4 . 
視覚の低下に配慮して、照明を暗くする
 5 . 
体温調節機能の低下に配慮して、真夏日は冷暖房器具の使用を控える
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
30

正解は 2 です。

この問題は1と2で答えが割れたのではないかと思います。
「自宅で暮らす高齢者の室内環境」としては、灯油のような可燃性の燃料を使わない床暖房の導入は間違っていませんし、火を使わない電磁調理器の使用も間違っていません。
ただし注目すべきは、選択肢内の配慮すべき事柄です。

1は「皮膚感覚の鈍化に配慮して」とあります。
床暖房は長時間同じ部分を温め続けると、低温やけどをしてしまう可能性があります。
特に皮膚感覚の鈍化に配慮するならば、低温やけどの危険性のない、エアコンの方がより適していると言えます。

2は「嗅覚の低下に配慮して」とあります。
最近のガステーブルは、高温感知機能がついているものが多く、焼け焦げや火事への対応がなされていますが、やはりガス漏れの可能性は否定出来ません。
嗅覚の低下に配慮して、ガスを使わない電磁調理器を使用するのは適切と言えます。

2014/08/08 17:25
ID : qxeqvpry
2

正解は 2 です。

1.× 床暖房は低温で高齢者に適してると言えますが、低温やけどのリスクもあります。高齢者の「皮膚感覚の鈍化に配慮して」使用することはありません。

2. ○

3.× 防犯ベルの音量を下げることはいかなる場合もありません。

4.× 照明を暗くすることによって転倒のリスクが高まります。足元を明るくすることが必要です。

5.× 適度に冷暖房器具を使用します。室内でも脱水にはなります。室温に注意し、冷暖房器具を使用してうまく乗り切りましょう。

2016/03/25 09:10
ID : jjmjtmfkja
0

正解は2です。
1(×)皮膚感覚の鈍化から、低温やけどや、スイッチの切り忘れなどがみられる可能性があります。
3、4(×)逆効果となる対応です。また、防犯ベルの音量を触ることはできません。
5(×)適度な冷房器の使用が必要です。

2016/10/31 19:13
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。