過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 生活支援技術    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

移乗・移動介助に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
スライディングボードは、立ち上がり介助に利用する
 2 . 
介護者は、自分の身体をねじらないように介助する
 3 . 
介護者の支持基底面積は狭くする
 4 . 
介護者の重心を高くする
 5 . 
四脚杖よりT字杖の方が安定している
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
17

正解は 2 です。

身体介護を行う際には、ボディメカニクスを活用する事が勧められています。
一:支持基底面を広くし、重心を低くする
二:身体をねじらない
三:本人にできる限り接近する
四:本人の身体を小さくまとめる
五:膝の屈伸を利用し水平移動
六:てこの原理を応用

1:スライディングボードとは、お尻を滑らせる形で平行移動し、ベッドや車いすやポータブルトイレなどの移乗・移動に使う福祉用具です。

5:四脚杖は文字通り4本足の杖、対してT字杖は1本足の為、安定性は四脚杖の方が高いです。

2014/08/08 18:11
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
2

答え 2

1.× スライディングボードは車いすとベットの間に起き、車いすなどへの移乗を助けるボードで立ち上がり介助には使用しません。

2.○

3.× 支持基底面積とは身体を支える面積のことです。足を肩幅ほどに開いて立つと支持基底面積が広がり身体が安定します。

4.× 重心を低くすることによって安定し、安全に介助ができます。

5.× T字杖、オフセット型杖などの1点杖は歩行がやや安定している人が使用し、四脚杖、三脚杖、ウォーカーケインなどは歩行が不安定な人が使用します。よって、四脚杖のほうが安定しています。

2016/03/25 09:33
ID : jjmjtmfkja
1

移乗介助を行うときには気をつけるポイントがいくつかあります。
中でも、「体を支える範囲、支持基底面を広くとるために重心を低く」、「安定した移乗を行うため体をねじらない」といったものがあります。移乗時に体をねじることは腰痛の原因になります。

2016/10/31 19:26
ID : epcujbuen
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。