過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 発達と老化の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

急性心筋梗塞(acute myocardial infarction)の痛みとして、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
ニトログリセリンがよく効く
 2 . 
高齢になるほど痛みを訴えない人の割合が高くなる
 3 . 
狭心症(angina pectoris)の痛みに比べて軽度なことが多い
 4 . 
安静にすると消失する
 5 . 
数分以内に消失する
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
21

正解は 2 です。

高齢になるほど急性心筋梗塞時に痛みを訴えない人の割合が高くなります。
これは無痛性心筋梗塞と言われ、高齢以外にも糖尿病であると割合が高くなるとされています。

無痛性心筋梗塞の場合、文字通り痛みを感じない為、気づくのが遅れ、重篤な状況に陥りやすくなります。

2015/01/21 13:19
ID : qxeqvpry
20

急性心筋梗塞は、狭心症の痛みに比べて強く、安静にしても痛みは治まりません。だいたい30分以上持続します。

なお、ニトログリセリンは狭心症の痛みに効く薬です。

2014/09/25 15:18
ID : wpoxudbb
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。