過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 発達と老化の理解 問76

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
高齢者の疾患の特徴に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
潜在的な臓器障害が多い
   2 .
完治可能な急性疾患が多い
   3 .
多疾患の合併が多い
   4 .
個人差が大きい
   5 .
薬の副作用が出やすい
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 発達と老化の理解 問76 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

53
正解は 2 です。

急性疾患とは、急性腎不全や急性心不全のように急に起こる疾患を指します。
命にかかわる事も少なくありませんが、適切な処置を受けられれば予後は良好である事が多いです。

反対に慢性疾患とは、糖尿病や高血圧、慢性肝炎や慢性腎不全など、治療までに長期間を要したり、完治が難しく症状のコントロールを必要とする疾患を指します。

高齢者の疾患には、もちろん急性疾患も多いのですが、慢性疾患の方が何倍も多いというデータが出ています。
付箋メモを残すことが出来ます。
22
高齢者の疾患は、高血圧や糖尿病など完治困難な慢性疾患が多いです。
13
誤っている記述は②です。

高齢になると完治しない慢性疾患が多く、前兆の症状がないまま、突然重い症状となってあらわれることがあるため注意が必要です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。