過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 発達と老化の理解 問75を出題

問題

[ 設定等 ]
急性心筋梗塞(acute myocardial infarction)の痛みとして、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
ニトログリセリンがよく効く
   2 .
高齢になるほど痛みを訴えない人の割合が高くなる
   3 .
狭心症(angina pectoris)の痛みに比べて軽度なことが多い
   4 .
安静にすると消失する
   5 .
数分以内に消失する
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 発達と老化の理解 問75 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
81
評価しない
正解は 2 です。

高齢になるほど急性心筋梗塞時に痛みを訴えない人の割合が高くなります。
これは無痛性心筋梗塞と言われ、高齢以外にも糖尿病であると割合が高くなるとされています。

無痛性心筋梗塞の場合、文字通り痛みを感じない為、気づくのが遅れ、重篤な状況に陥りやすくなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
56
評価しない
急性心筋梗塞は、狭心症の痛みに比べて強く、安静にしても痛みは治まりません。だいたい30分以上持続します。

なお、ニトログリセリンは狭心症の痛みに効く薬です。
評価後のアイコン
評価する
31
評価しない
正解は2です。

急性心筋梗塞とは、冠動脈が突然つまってしまう病気。激しい痛みが消失せず15分以上続くといった特徴もありますが、高齢者では痛みなどの症状が出にくくなることも特徴です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。