介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10436問 出題

問題

高齢者の疾患の特徴に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
 1 . 
潜在的な臓器障害が多い
 2 . 
完治可能な急性疾患が多い
 3 . 
多疾患の合併が多い
 4 . 
個人差が大きい
 5 . 
薬の副作用が出やすい

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
18
評価しない
正解は 2 です。

急性疾患とは、急性腎不全や急性心不全のように急に起こる疾患を指します。
命にかかわる事も少なくありませんが、適切な処置を受けられれば予後は良好である事が多いです。

反対に慢性疾患とは、糖尿病や高血圧、慢性肝炎や慢性腎不全など、治療までに長期間を要したり、完治が難しく症状のコントロールを必要とする疾患を指します。

高齢者の疾患には、もちろん急性疾患も多いのですが、慢性疾患の方が何倍も多いというデータが出ています。
評価後のアイコン
2015/01/21 13:20
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
高齢者の疾患は、高血圧や糖尿病など完治困難な慢性疾患が多いです。
評価後のアイコン
2014/09/25 15:19
ID : wpoxudbb
評価する
2
評価しない
誤っている記述は②です。

高齢になると完治しない慢性疾患が多く、前兆の症状がないまま、突然重い症状となってあらわれることがあるため注意が必要です。
評価後のアイコン
2016/12/30 19:18
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。