過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 認知症の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

アルツハイマー型認知症の初期の階段で起こることとして、最も可能性の高いものを一つ選びなさい。

 1 . 
もの盗られ妄想
 2 . 
幻視
 3 . 
反社会的な行動
 4 . 
けいれん発作
 5 . 
めまい
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

選択肢1と4以外の各症状は、他の疾患の特徴です。選択肢4の「けいれん発作」はアルツハイマー型認知症では末期段階で起こります。

選択肢2→レビー小体型認知症
選択肢3→ピック病
選択肢5→血管性認知症

2014/09/28 11:06
ID : wpoxudbb
11

正解は 1 です。

もの盗られ妄想は、アルツハイマー型認知症の方によく見られる初期症状の一つです。

これは、自分が置き忘れたり、しまった場所を忘れてしまったのに、「隣の家の人が持って行った」「嫁が隠した」などと思い込んでしまう症状です。
その事を他の家族や、近所の人などに愚痴として話してしまう事もあり、認知症であると判明するまで、しばしばトラブルの原因ともなります。

その他の選択肢の症状も、初期に見られる場合もあります。
今回は『最も可能性の高いもの』なので、不適切となります。

2015/01/27 23:01
ID : qxeqvpry
1

アルツハイマー型認知症の初期段階では①もの取られ妄想が最も起きる可能性が高いものになります。

他には、物忘れや軽度の人格変化、不安や抑うつ症状がみられることがあります。

2016/06/13 21:55
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。