介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10447問 出題

問題

ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health;国際生活機能分類)にしたがって 次の状態を定義した場合、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
片足を切断しても義足を着けて歩くことができるのは「参加」である
 2 . 
右片麻痺があるが福祉用具を使って食事を作ることができるのは「活動」である
 3 . 
尿失禁が思わぬときに起こるのでゲートボール大会への出場を控えるのは「活動制限」である
 4 . 
調理や掃除等の生活行為ができなくなるのは「参加制約」である
 5 . 
盲導犬利用者が結婚式への出席を断られるのは「活動制限」である

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
24
評価しない
ICFにおける「活動」とは、個人レベル・生活レベルに該当するものであり、いわゆる日常生活における行為、「参加」は社会レベル・人生レベルにかかわるものになります。それぞれの選択肢の誤りは以下のとおりです。

選択肢1→「参加」ではなく「活動」
選択肢3→「活動制限」ではなく「参加制約」
選択肢4→「参加制約」ではなく「活動制限」
選択肢5→「活動制限」ではなく「参加制約」
評価後のアイコン
2014/09/28 16:59
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
21
評価しない
正解は 2 です。

ICFに関する問題は、毎回何らかの形で出題されます。
それぞれの内容や、ICIDHとの違いについてもしっかりと押さえておきましょう。

今回の問題で取り上げられているのは「参加」と「活動」についてです。
何となく似ているように思う人もいるかもしれませんが、下記の様に違いを覚えておきましょう。

【ICFにおける参加】
社会的参加の事です。社会への参加、家庭への参加、学校への参加などを指します。
参加において重要なのは『自分の意志で』という点です。
「社会において自分の役割を見出し、どのように取り組もうとしているのか」に焦点を当てる事が大切です。

【ICFにおける活動】
「活動」と言うとピンとこない人もいるかもしれませんが「行動」と置き換えるとわかりやすくなると思います。
例えば選択肢3の状況において、ゲートボール大会への出場を控えるのは「参加制約」ですが、ゲートボール自体を控えるのは「活動制限」となります。
評価後のアイコン
2015/01/29 15:38
ID : qxeqvpry
評価する
7
評価しない
正解は2です。

ICFの活動は、個人レベル・生活レベルを指し、
日常生活での動作、家事行為、余暇活動などの「できる・している活動」を言います。
又、家の中での活動を示すことからも②の食事を作ることが当てはまります。
評価後のアイコン
2016/06/13 22:07
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。