過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 障害の理解    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

失語症(aphasia)に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
あいさつなどの定型化している言葉は障害されやすい
 2 . 
脳血管障害(cerebrovasucular disorder)による構音障害は失語症に含まれる
 3 . 
文や文章よりも単語の理解が困難になる
 4 . 
聴覚障害から生じる音声言語の不正確さは失語症に含まれる
 5 . 
聴覚的理解を補うためには、はっきりした言葉でゆっくりと話しかける
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
31

失語症とは、程度の差こそあれ、話す・聞く・読む・書くのすべてに障害がある状態です。これに対して構音障害とは、声を出すことに問題があるもので、話すことに問題があっても、4技能すべてに問題があるわけではありません。そのため、失語症とは別にして扱います。聴覚障害の場合もそうです。

挨拶など定型化している言葉は障害されにくく、単語よりも文や文章の理解が困難になります。そのため、失語症の種類によっては、流暢に話しているように感じても、話している内容がなく周囲が理解に苦しむといったものもあります。

2014/09/28 21:32
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
19

正解は 5 です。

聴覚的理解とは、言葉を理解する事を指します。

人によって程度が違う為、誰にでも有効というわけではありませんが、聴覚的理解を少しでも補う為には、簡潔にはっきりした言葉でゆっくりと話しかける必要があります。

例えば「○○さん、もうすぐ帰る時間ですので、帰り支度をする前にトイレにいっておきましょうね」という言葉かけよりも「○○さん トイレ 行きましょう」の方が理解しやすくなります。

2015/01/30 14:40
ID : qxeqvpry
4

正解は5です。

失語症は発音や発声の障害とは違うものです。
大脳の言語中枢に損傷を受けることで起こります。失語症になると、言われたことを理解することが難しくなるので、はっきりゆっくり話しかけることも適切な対応になります。
また、長い文章でまとめて話すと分からなくなるため、ひとつひとつ話すなどの配慮も必要となります。

2016/06/13 22:23
ID : epcujbuen
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の記事
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。