過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 障害の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

知的障害に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
一度、正常に発達した知的機能が、脳の器質的障害により低下した状態をいう
 2 . 
知的機能の障害及び日常生活の支障によって特徴づけられる
 3 . 
その障害がおおむね10歳までにあらわれたものをいう
 4 . 
重症心身障害とは、重度の知的障害と重度の内部障害が重複した状態をいう
 5 . 
知的障害児・者の施設入所者数は在宅者数に比べて多い
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
28

知的障害とは、生まれつきあるいは早期の乳幼児期に知的能力の発達せず、身体が成長しても知能がその後あまり成長しない状態をいいます。知的機能の障害、日常生活の支障によって特徴づけられ、18歳までに障害の特徴がみられたものをいいます。IQ70以下で支援の対象です。

選択肢1のように一度正常に発達し、その後、脳の器質的障害により低下したものを認知症といいます。

また、重度心身障害者とは、重度の知的障害と重度の肢体不自由の重複した状態です。

2014/09/28 21:54
ID : wpoxudbb
24

正解は 2 です。

1:一旦は正常に発達した知的機能が、脳の器質的障害により低下した状態を「知的障害」とは呼びません。
この場合「認知症」もしくは事故の後遺症による「高次脳機能障害」を指します。

3:知的障害はおおむね18歳未満であらわれたものをいいます。

4:重症心身障害とは、重度の知的障害と重度の肢体不自由が重複した状態をいいます。
ちなみに内部障害には、「心臓機能障害」「腎臓機能障害」「呼吸器機能障害」「膀胱・直腸機能障害」「小腸機能障害」「肝臓機能障害」 「ヒト免疫不全ウイルス(HIV/エイズ)による免疫機能障害」の7つがあります。

5:知的障害児・者の施設入所者数は在宅者数の方が多く、おおよそ『入所者:在宅者=1:3』となっています。

2015/02/02 20:41
ID : qxeqvpry
1

正解は2です。

知的障害は18歳未満で生じやすいと言われています。知的機能の障害により、知的能力(記憶や理解力、判断力、適応力など)が平均に比べると遅れており、また、遅れたままとどまる状態になります。
程度によっては日常生活に支障がみられることもあります。

2016/06/13 22:44
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。