過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 社会福祉概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

日本における貧困者と生活保護に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
ホームレスとは、就労しているにもかかわらず、生活保護の最低生活費に満たない生活を営む人々である。
 2 . 
ワーキングプアとは、都市公園、河川、道路などの施設を起居の場として、日常生活を営んでいる者である。
 3 . 
生活保護の受給者は、平成8年度以降、今日まで増加傾向にある。
 4 . 
生活保護の生活扶助では、廃止された老齢加算が平成21年年度に復活した。
 5 . 
生活保護の実施機関は、市町村社会福祉協議会である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
8

正解は3です。
ニュースやテレビでも生活保護受給者・世帯が増加傾向にあると問題視されていますね。

1→ワーキングプアについての説明です。
2→ホームレスについての説明です。
4→老齢加算は2006年に廃止されたままです。
5→生活保護の実施機関は、都道府県知事・市長および福祉事務所を管理する町村長です。窓口は福祉事務所となります。

2015/06/26 13:29
ID : hxoywgeqm
4

選択肢1がワーキングプアの説明、2がホームレスの説明です。4の老齢加算ですが、廃止のままです。5は、原則として都道府県知事、市長及び福祉事務所を管理する町村長です。

2014/08/30 15:15
ID : wpoxudbb
1

正解は3です。

生活保護受給者は平成8年(1996年)から現在も増加傾向が続いています。
最近では、独りで暮らす高齢者の受給が増えていると言われています。

2016/06/14 23:45
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。