介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10488問 出題

問題

雇用保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
政府が管掌する制度である。
 2 . 
業種や雇用者数にかかわらず、全事業に制度適用される。
 3 . 
事業主が保険料を全額負担する。
 4 . 
家族を介護するための休業は、給付の対象とならない。
 5 . 
60歳以上の者は、給付の対象とはならない。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
20
評価しない
雇用保険制度は政府が管掌する制度です。原則、全事業に適用されますが、農林水産業で労働者が5人未満の個人経営事業所については任意加入です。保険料は、事業主と労働者で折半となります。また、介護をするための休業については、介護休業給付の対象となります。
選択肢5にある給付対象ですが、65歳以上で新たに雇用された場合などを除き、60歳以上のものであっても給付対象になります。
評価後のアイコン
2014/08/31 20:34
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は1です。
雇用保険制度は政府管掌する制度です。

2→労働者が雇用される事業はすべて制度適用となるが、暫定任意適用事業といって、「農林水産業」で「個人経営」「労働者が5人未満」の場合は任意加入となります。

3→雇用保険の保険料は事業主と労働者との折半での負担となります。

4→家族を介護するための休業については、介護休業給付の対象となります。

5→65歳以上で新たに雇用された者は給付対象となりませんが、それ以外では60歳以上でも給付対象となります。
評価後のアイコン
2015/07/15 12:53
ID : hxoywgeqm
評価する
5
評価しない
正解は1です。

雇用保険制度は、労働者を雇用する事業は原則として強制的に適用されるもので、労働者を守るため政府が管掌する制度です。
評価後のアイコン
2016/06/14 23:55
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
過去問.com 介護福祉士の授業
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。