過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 老人福祉論 問9

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
日本の人口や社会保障に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
合計特殊出世率とは、婚姻している女性が一生の間に産む子供の数である。
   2 .
生産年齢人口とは、15~64歳の人口である。
   3 .
「人口推計(平成21年10月1日現在)」(総務省)によると、平成21年において、老年人口の割合が最も高い地域は沖縄県である。
   4 .
団塊の世代とは、昭和25年から30年の間に生まれた世代である。
   5 .
租税と社会保障負担を合わせた国民負担率は、主要先進国の中で高い水準にある。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 老人福祉論 問9 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

66
正解は2です。
生産年齢人口とは、国内の生産活動の、中核の労働力となる年齢の人口の事をいいます。現在日本では15~64歳が生産年齢人口と定義されています。

1→合計特殊出世率とは1人の女性が一生の間に産む子供の数の事です。

3→人口推計(平成21年10月1日現在)(総務省)によると、老年人口が高いのは島根県(29,0%)、秋田県(28,9%)であり、沖縄県は17,5%と全国的にも老齢人口の割合が低い県となっています。

4→団塊の世代とは、第一次ベビーブームと言われる時期の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)にうまれた世代の事をいいます。

5→租税と社会保障負担を合わせた国民負担率は、主要先進国の中で低い水準となってます。
付箋メモを残すことが出来ます。
29
選択肢1の合計特殊出生率とは、婚姻か否かに関わらず一人の女性が一生の間に産む子供の数です。

選択肢3の沖縄は、老年人口の割合が最も低い地域です。確かに長寿で年齢の高い方はいらっしゃいますが、その代わり、子供の数も多いところです。

団塊の世代とは、昭和22年から24年の間に生まれた世代のことを指します。

国民負担率に関しては日本は主要先進国の中では低い水準です。高い国は、福祉国家と呼ばれるスウェーデンやデンマークなどです。

16
正解は2です。

生産年齢人口は、生産活動の主力となる年齢(15歳~64歳)の人口層を指します。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。