過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 老人福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者の家族介護者に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
「高齢者の虐待に関する調査結果」によると、家族等による高齢者虐待は、「身体的虐待」が最も多い。
 2 . 
「高齢者の虐待に関する調査結果」によると、家族等による高齢者虐待で、被虐待者から見た続柄では、「夫」、「息子」、「娘」の順に多い。
 3 . 
地域包括支援センターは家族介護者への支援事業を実施しなければならない。
 4 . 
居宅介護支援における継続的モリタリングは、家族介護者が行う。
 5 . 
「国民生活基礎調査」(厚生労働者)によると、同居している主な介護者のうち男性介護者の割合は、平成16年に対して平成19年は減少した。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
12

選択肢2についてですが、「息子」「夫」「娘」の順です。
選択肢3の家族介護支援事業は任意事業のため、地域包括支援センターに実施義務はありません。
選択肢4のモニタリングは介護支援専門員の仕事です。
選択肢5の男性介護者の割合は増加が正しいです。

2014/08/31 21:58
ID : wpoxudbb
5

正解は1です。
平成25年度の調査結果でも、最も多いのは「身体的虐待」、次いで「精神的虐待」となっています。

2→家族等による高齢者虐待で、被虐待者から見た続柄では「息子」「夫」「娘」の順に多いです。

3→家族介護支援事業は任意事業であり、
地域包括支援センターには実施の義務はありません。

4→居宅介護支援における継続的モニタリングは介護支援専門員の仕事です。

5→減少ではなく増加です。同居している主な介護者のうち男性介護者の割合を、平成22年度と平成25年を比べても、27,2%から28,5%と微弱ながら増えています。

こういった統計の問題は、過去問から最近の数値の変化を調べておくと難易度の高い問題にも対応しやすいと思います。厚生労働省のHPから確認できますので、時間のあるときにチェックしてみましょう。

2015/07/21 13:02
ID : hxoywgeqm
2

正解は1です。

文章の通り、家族等による高齢者虐待は「身体的虐待」が最も多いという結果が出ています。
身体的虐待は、殴る、蹴る、縛るなどの行為や、無理に食事を食べさせる行為などが当てはまります。

2016/06/15 00:07
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。