過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) リハビリテーション論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

身体障害に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

 1 . 
胸髄損傷は四肢麻痺を伴う。
 2 . 
頚髄損傷は膀胱直腸障害を伴う。
 3 . 
脳性麻痺は運動障害を伴う。
 4 . 
一定程度以上の視野狭窄は視覚障害に含まれる。
 5 . 
二分脊椎は肢体不自由の原因となる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

胸髄損傷では下肢や体幹の麻痺は起こりますが、上肢の麻痺については、必ず起こるというわけではありません。

2014/08/31 23:25
ID : wpoxudbb
8

正解は1です。
頸椎=首の付近を損傷した場合、そこから下の上肢・下肢(四肢)の麻痺が起こる事はイメージしやすいと思います。なので、胸髄の場所は上肢よりやや下なので下肢の麻痺だけになりそうなイメージもつきやすいと思います。
もし専門知識を覚えていなくても、可能な限りイメージしましょう。

2015/09/10 22:33
ID : hxoywgeqm
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。