過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10507問」を出題

問題

[ 設定等 ]
社会福祉援助における連携に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 .  連携とは、社会福祉の専門職種間の連携のことである。
2 .  介護福祉士は、福祉サービス関係者等との連携を保つことが法律で義務とされている。
3 .  連携とは、利用者に対して各専門職が独自の目標や方針によってサービスを提供する事である。
4 .  連携は、在宅で生活している利用者を支援する場合に限られたものである。
5 .  情報の共有は、連携する上で、プライバシーの保護よりも優先される。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 社会福祉援助技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
選択肢1は選択肢2を見てもらうとわかると思いますが、専門職以外とも連携が必要です。選択肢3は、「独自」ではなく、「共通」です。選択肢4は、在宅だけとは限りません、施設にいらっしゃる方に対しても連携が必要です。選択肢5ではプライバシー保護が一番です。情報共有の種類によっては、利用者様の同意を得て進めます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は2です。

1→連携とは、社会福祉の専門職種間だけではなく、他の専門職やボランティアなどとの連帯も含みます。

3→各専門職が独自の目標や方針を持つと利用者へのサービス内容の目指すところがバラバラになってしまいますね。独自の目標や方針ではなく、共通の目標・方針が必要です。

4→在宅だけではなく、施設利用者への支援にも連携が必要です。

5→情報の共有では、プライバシー保護が最優先されます。

3・4・5についてはよく読めば誤りであるとわかると思います。
1・2で迷った場合、より選択肢を狭めている方が怪しい可能性があります。
1では「社会福祉の専門職種間」のみの連携とあるので、他にも専門職種にも必要なのでは?とイメージする事ができます。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は2です。

社会福祉士及び介護福祉士法の中に、介護福祉士として「福祉サービス関係者との連携を保たなければ
ならない」との記載があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。