過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 社会福祉援助技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
軽度の知的障害があるEさん(50歳、男性)は、高齢の母親(84歳)と生活していた。
母親は肝がんのため入院治療となったことで、相談支援事業所へ相談、障害者自立支援法での居宅介護(週4回) を受けることになり、M居宅介護従業者(以下、M従業者という。)が担当する事になった。また、それ以外のE さんの日常生活は近くに住む叔母(76歳)が支えていた。

【問題】
Eさんへの初回訪問におけるM従業者の対応として、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
親しみを感じさせるために名前をチャン付けで呼ぶように心がける。
 2 . 
Eさんを知っている相談支援専門員と同行する。
 3 . 
Eさんへの援助内容は、入院中の母親の意思に従うこととする。
 4 . 
Eさんの生活歴については、M従業者が直接福祉事務所へ照会する。
 5 . 
Eさんを気遣って、Eさんから支援に必要な情報を聴かないようにする。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 2 です。

1:初回訪問時から、親しみを感じさせる目的で、従業者が積極的に利用者をチャン付けで呼ぶことはありえません。
しかし本人が自分の名前を「Eチャン」以外だと認識しない、「Eサン」と呼ぶとパニックを起こすなど特別な理由があり、家族もチャン付けを強く希望しているなどの場合には呼ぶこともあります。

3:入院中の母親の意思も確認し、これまでの状況などを参考にはしますが、一番重要視するのはEさんの意思であるべきです。

4:問題文中の「居宅介護従業者」とは、言い換えると「ホームヘルパー」となります。
また「福祉事務所」とは、都道府県及び市に設置されている公的機関です。
つまりわかりやすく言い換えると「個人のホームヘルパーが、直接市町村の福祉課の窓口で障害者の個人情報を照会する」事が正しいかどうかを聞いているわけです。
もちろんこれは誤りであり、正しくは「サービス提供責任者が福祉事務所へ照会する」となります。

5:支援に必要な情報を聴かないのは、気遣いであるとは言えません。
本人の尊厳に関わるような内容は、言い方を変えたり、逆にサラリと何でもない事のように聴いたりと、聴く方法を考えるべきです。

2015/02/16 20:55
ID : qxeqvpry
1

1.× 信頼関係も築けていない状態でのちゃん付けは論外です。また、契約者として尊厳を侵すような発言も論外となります。
2.○ Eさんのことを理解している人と話をし、同行して頂くことでEさんの安心感へと繋がると共に専門員の方との情報共有にもつながります。
3.× 支援を受けるのはあくまでもEさんであるため、まずはEさんの気持ちを第一に考えるべきです。
4.× 
5.× 支援に必要な情報はご本人とご家族から基本的には情報を得る必要があります。

2014/08/28 21:46
ID : myoeumyn
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。