過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 社会福祉援助技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
軽度の知的障害があるEさん(50歳、男性)は、高齢の母親(84歳)と生活していた。
母親は肝がんのため入院治療となったことで、相談支援事業所へ相談、障害者自立支援法での居宅介護(週4回) を受けることになり、M居宅介護従業者(以下、M従業者という。)が担当する事になった。また、それ以外のE さんの日常生活は近くに住む叔母(76歳)が支えていた。

【問題】
支援当初、M従業員はEさんとのコミュニケーションもうまく取れず悩むことも多かったが、その後徐々に意思疎通もでき、Eさんの日常生活能力なども理解できるまでになった。
ところが先月母親が死亡、Eさんは精神的に落ち込み、生活リズムも乱れ、食欲も低下し、家に閉じこもる ことが多くなった。
このようなEさんへのM従業者の対応として、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
心配しなくても大丈夫と元気づける。
 2 . 
まずは食事をするように促す。
 3 . 
相談支援事業所へ施設利用を促す依頼の電話をする。
 4 . 
本人の表情や言動などは気にせず、家庭援助に専念する。
 5 . 
Eさんの心身と生活の状態について、本人や叔母から確認する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

1.× 軽はずみな元気づけは相手を傷つけることもあります。
2.× 精神的苦痛を取り除くことを優先しなければ食事が出来るようになっていても解決にはなりません。
3.× 施設利用を事業所から薦めることはありません。基本的にはご家族等から希望しない限りは自立支援に基いて動くべきです。
4.× 家庭援助を淡々とすることがホームヘルプサービスの役割ではありません。
5.○ 現在の状況をしっかりと把握した事業所と協力することが必要です。

2014/08/28 21:51
ID : myoeumyn
2

正解は 5 です。

この問題は、絶対に間違っているという選択肢がありません。

状況やこれまでの信頼関係の形成具合などによっては「大丈夫ですよ。私たちがずっとサポートし続けますから、お母さんの分まで頑張っていきましょう」という声掛けをする場合もありますし、あえて気が付かないふりをして家事援助に専念し、みんなでEさんを支えているんだという事を行動で示す場合もあります。

ただしこの選択肢内で「どんな状況でも当たり障りがなく失敗しない」方法が5番の選択肢である事から、この問題においては5番の方法が最も適切であると言えます。

2015/02/16 21:15
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。