過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 社会福祉援助技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
軽度の知的障害があるEさん(50歳、男性)は、高齢の母親(84歳)と生活していた。
母親は肝がんのため入院治療となったことで、相談支援事業所へ相談、障害者自立支援法での居宅介護(週4回)を受けることになり、M居宅介護従業者(以下、M従業者という。)が担当する事になった。また、それ以外のEさんの日常生活は近くに住む叔母(76歳)が支えていた。

【問題】
その後Eさんは落ち着きを取り戻してきたので、Eさんの今後について、Eさんを交えての相談支援事業所に よるケアカンファレンスが開かれる事になり、担当のM従業者も出席を要請された。しかし、Eさんは、ケア カンファレンスへの参加に迷っている様子である。
ケアカンファレンスにおけるM従業者の対応として、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
Eさんが参加を迷っているので、M従業者は出席しない。
 2 . 
発言はサービス提供責任者に任せる。
 3 . 
ケアカンファレンスに記録をすべて提出する。
 4 . 
EさんへM従業者も参加する事を伝え、出席をするよう誘う。
 5 . 
Eさんの参加については、叔母には相談しない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
7

ケアカンファレンスは、Eさんの日常のサービス内容や現在の本人の状況について話される場となります。本人の意見が最も反映される場所となり、本人の意志に沿ったサービス提供を行っていくには本人の参加が必要不可欠とされる為、本人の参加は出来る限り促す事が大切です。

1,の方法は、本人の意志と共に事業所が気づいている本人の情報を他事業者に伝える事が出来なくなってしまう為不正解。
2,は本人の意志が反映されず、事業者主体になる可能性が高いです。
3,は記録上ではその場で他者が気づいたことについて話し合いにより深める事が出来なくなります。その会議の中で見つかる「気付き」に対応することが困難となってしまいます。
5,はケアカンファレンスはご家族(介助者)の意見を汲み取る必要もあります。また、こまめに連絡を取り合い信頼関係を築く必要性もあるため、不正解となります。

今回の場合は、Eさん自身が慣れない場所でのケアカンファレンスに参加することへの不安感があり参加の意欲が低下しています。
この場合は、日々関わりを持っているM事業所が間に入り、安心感を与える必要性があり、その上で本人に納得して参加していただけるような声掛けが必要になってくると思われます。

2014/08/03 13:21
ID : myoeumyn
5

正解は 4 です。

ケアカンファレンスへの参加はもちろん本人の意思を尊重する事が最も重要ですが、誘ったり、本人に参加意欲を持ってもらう努力をする事は必要であると言えます。

設問にあるように「今度ケアカンファレンスがあるんですよね。私も参加するように言われてるんですが、なんだか緊張してしまいますね!でもEさんがいてくれればちょっと安心です!」などとやんわりと参加を促してみたり、ケアカンファレンスとはどういう事を話し合う場なのか、それがEさんにとってどういう効果をもたらすのかを伝えて参加意欲を引き出してみてもいいでしょう。

2015/02/16 21:24
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。