過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 老人・障害者の心理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

記憶に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
エピソード記憶は、自分に起こった出来事や体験に関する記憶である。
 2 . 
短期気記憶は一定の時間的経過の後にも想起することができる記憶である。
 3 . 
意味記憶は、少ない容量の情報を一時的に保持する記憶である。
 4 . 
手続き記憶は、一般的な知識や概念に関する言葉の記憶である。
 5 . 
非陳述記憶は、人間の五感により知覚された記憶である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
18

1.○ エピソード記憶とは、文字通り出来事などのエピソードから連想される記憶のことであるため○
2.× 短期記憶とは「短期間記憶される記憶のこと」である。
3.× 意味記憶とはエピソード記憶の対義語となるような記憶で「物事の共通認識や客観的・普遍的な事実などの記憶のこと」であり、物の名前などを指す。
4.× 手続き記憶とは、「体が覚えているような無意識に行動するときに思い出す記憶のこと」である。自転車を乗る方法などがこれにあたります。
5.× 非陳述記憶とは、「長期記憶の一種で言葉に出来ない記憶」のことを言います。手続き記憶やパブロフの条件反射などもこの記憶に分類されます。

2014/08/30 22:37
ID : myoeumyn
2

正解は 1 です。

認知症や、加齢、障害などで認知機能が低下すると、エピソード記憶から失われていく場合が多いとされています。

新しい事が覚えていられなくなり、先日買ったものをまた買ってきてしまったり、前日食べた食事が思い出せなかったりして「最近物忘れがひどくて…」という症状や訴えが出てきます。

2015/02/23 15:37
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。