過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 老人・障害者の心理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

認知症高齢者の心理と対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
記憶力の低下は、行動や心理に影響を与えない。
 2 . 
人との交流ができなくなるので、社会的な役割を持つことは避ける。
 3 . 
それまでの暮らし方は心理に影響を与えない。
 4 . 
出来事全体の記憶力が低下しやすい。
 5 . 
施設に入所する場合、それまで使用していたものは持ち込まない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 4 です。

1:記憶力が低下によって、今いる場所がわからなくなって徘徊したり、生きる気力を失ってしまったりと、行動や心理に多大な影響を与えます。

2:人との交流が難しくなる場合もありますが、社会的な役割を持つことは、存在意義を見出すことにも繋がりますし、刺激になって脳の活性化にも役立ちます。

3:認知症によってこれまでの暮らし方が変化する事は、心理に多大な影響を与える場合があります。

5:施設に入所する場合に、それまで使用していたものを持ち込む事で、今までの生活状況に近づける事が出来、安心感を与えるという効果が期待出来ます。

2015/02/23 15:50
ID : qxeqvpry
0

1.× 記憶力が低下するということは情報を処理することが苦手になっていきます。そのため心理面等に大きな影響を与えます。
2.× 社会的な役割を見つけることにより日常生活に対する意欲向上に繋がります。
3.× 過去の記憶は残っていることが多く、認知症高齢者にとって安心に繋がる事が多いです。
4.○
5.× 環境の変化に対応することがとても苦手なので、見慣れたものを置くことで安心感へと繋がります。

2014/08/30 22:42
ID : myoeumyn
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。