過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 家政学概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

住居の安全性に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
家庭における不慮の事故で亡くなられる高齢者数は、交通事故で亡くなる高齢者より少ない。
 2 . 
高齢者の家庭における不慮の事故死因で一番多いものは、「転倒・転落」である。
 3 . 
入浴中の事故死は、冬季よりも夏季に多い。
 4 . 
住宅では既存、新築とも住宅用火災警報器の設置が義務づけられていない。
 5 . 
在宅酸素療法の機器は、火気との距離を2~3m以上離して使用する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

1.× 不慮の事故で亡くなる方の方が多い。
2.× 最も多いのは「不慮の溺死および溺水」である。
3.× 浴室との温度差等があるため冬季のほうが多い。
4.× 義務付けられている。
5.○

2014/08/30 23:51
ID : myoeumyn
12

正解は 5 です。

在宅酸素療法中の方がいる家庭での火事は毎年複数件起こっています。
酸素吸入中の喫煙はもちろん、火を使う調理、ストーブ、仏壇のろうそくや線香にも注意しなければなりません。

2015/03/02 16:38
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。